川越氷川神社

川越氷川神社 社務所

埼玉県川越市宮下町2-11-3
049-224-0589

おしらせ

【続】境内写真の取扱いについて

 

境内写真をフリー素材として配布されていた件の投稿について、

多くの方々よりさまざまなご意見を賜り、誠にありがとうございました。

いただきましたご意見を参考に、神社としても境内写真の取扱いについて

引き続き検討してまいりたいと考えています。

 

神社は昔から、祈りや祭りの場であると同時に、

多くの人々が集い憩い、思い出を刻む場所でありました。

そうしたことから境内で撮影・投稿されること、

撮影した写真を趣味の範囲で加工されること等については

もちろん神社として何ら困ることはございません。

 

しかしながら加工後の写真をネットで公開、あるいは配布することにより、

受け取った側の方が商用に利用されたり、

神社としての尊厳維持に関わるような二次加工が施されたうえで

公開をされたりする可能性もございます。

また偶々映り込んだ参拝者の願いごとの内容が、個人的な投稿の範囲を超え

広範囲に広まってしまうことも起こり得ます。

 

ネット上に出た写真がどのように使われていくかは、

公開・配布されたご本人の当初の意図を超えていく可能性もあることから、

神社としては慎重にならざるを得ないところです。

 

今回、ツイッター上で配布されている写真、

ならびにその写真を素材として加工のうえ、公開している写真について

神社からあらためての注意などをする予定はございません。

ご参拝の皆様に安心してお過ごしいただけるよう、今後とも境内環境の護持に努めてまいります。

(なお、無断での商用撮影については以前からお控えいただくようお願いしてまいりましたので、

今後ともお控えいただきたくお願い申し上げます)。

 

何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

画像利用について

 

9月9日夜、ツイッター上で、当神社の風鈴回廊の写真を加工後、

フリー素材として配布された方がいるとのご指摘をいただきました。

また、ストックフォトサイト上で、境内写真を販売している事案も複数把握しています。

 

神社は私有地であり、境内で撮影した写真を許可なく商用利用する行為、

商用利用に繋がるような行為もご遠慮いただいております。

(社務所看板・神社公式サイトでも前々より表示されています)

 

今年の夏も、多くの皆さまが素敵な写真を撮影のうえ、

web上にアップされておりますが、

願いごとが書かれた短冊には、書かれたご本人の大切な想いが込められています。

なかにはお名前など個人情報に近い内容を記載されている場合もあります。

写真を公開される際は、くれぐれも願いごと短冊の詳細がうつらないようご配慮ください。

 

毎年、私たちも皆さまの写真をとても楽しみに拝見しております。

あまり目くじらを立てるつもりはなかったのですが、

ごく少数の方の自分本意な行為のため、不快な思いをされる方がいらっしゃる以上、

看過することはできません。

 

神社とは神様の鎮まる神聖な場所です。

どうかルールは守りつつ、

来年の夏も縁むすび風鈴が無事に開催できるよう、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

 

ぼんぼり特別頒布

 

神社のあかりを、まちへ

 

縁むすび風鈴も残すところあとわずか。

たいへん多くのご要望を受け、

9月8日・9日、

縁むすび風鈴最後の二日間、

恋あかりのぼんぼりを特別頒布いたします。

(神社社務所にて、初穂料1500円)

 

また、ぼんぼりを手に氷川神社旭舎文庫まで

お越しいただいた方には心ばかりの記念品もご用意しています。

(氷川神社より徒歩6分)

 

 

旭舎文庫からすぐのバス停「喜多町」は、川越駅・本川越駅行きの東武バスが

5、6分間隔で運行しており、お帰りの際に大変便利です。

 

 

何色にも変化するぼんぼりは、夜の小江戸の道を柔らかく照らします。

たいせつな人と一緒にぜひお越しください。

 

※旭舎文庫の受付時間は18時から20時とさせていただきます。

 

台風21号

 

台風21号は本日夕方には関東にもかなりの影響をもたらす見込みです。
参拝者の安全を考慮し、風鈴の撤去を行いました。
風鈴回廊のライトアップ、光る川、恋はなびの頒布も中止、
社務所も18時をもちまして終了となります。

楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございませんが、
ご了承のほどお願い申し上げます。 

なお、明日午前より天候の状況をみつつ復旧作業をおこなう予定です。

 

台風21号

 

非常につよい台風21号の接近にともない、

安全確保のため、境内の風鈴・短冊の撤去を行います。

4日は朝よりほぼすべての風鈴棚・風鈴回廊に風鈴がない状態となります。

楽しみにされていた皆さまには申し訳ございませんが、

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、天候の回復状況をみつつ、5日午前より復旧作業を行う予定です。

 

恋あかり

 

やわらかなあかりが、帰り道を照らします。

川越氷川神社の由緒には、今から1500年ほど前、
入間川の川底に毎夜灯る光を祀ったことにはじまるとあります。
もともと光と密接な関係がある神社なのです。

 

「恋あかり」は9月2日まで。
ぼんぼりは毎日18時半からの「恋あかり特別良縁祈願祭」ご参列の方に
授与します(夕方5時から社務所でも頒布します)。

 

ページのトップへ戻る